Jiモール掲示板

Jiモール掲示板[根記事一覧]
1234

事務局長(鈴木)2016/01/18 11:32:38(1票)


  1月末の 保護者会のときに、Jiモールでは、マーケットを開催します。


時期:1月30日8土) 昼休み中心に、準備できしだいオープン

場所:生徒昇降口か学食前(当日の天候により決めます)

販売物: 干し柿、パレスチナのオリーブオイル、ブルーベリージャムなど

共同出店:あまんゆ、スリランカのお店など
管理人2014/01/23 12:46:36(0票)

Jiモールで販売のチキンカレーが、
やまけんさんのブログ「やまけんの出張食い倒れ日記」で紹介されました。


やまけんさんいわく
『国内産野菜使用(ソテーオニオン、ニンジン、しょうがペースト、ニンニクペースト)とあるのだが、レトルトカレーや加工食品の現状を識っている方なら「おお、すごいね」と思っていただけるだろう。ふつう、そうした原材料は輸入して原価を下げます。

しかも、おそらくオーガニック関係者なら「え、あそこの商品?」と驚くであろうメジャー団体の野菜と肉が原料。これは僕も驚いて関係者に問い合わせしちゃったのだけれども、本当にそんな贅沢な材料で仕込んでいるのだ。』

『ご覧の通り、鶏肉にニンジン、ソテーオニオンといったシンプルな具材構成。これが実にしっかりした味で、ココナツ香るエキゾチックなカレーなのですよ! これ、旨いでないの!

正直、学校ができてすぐの2期生である僕が通ってた頃のカレーはまだ試行錯誤段階で、手放しで旨いといえるもんじゃなかった。しかし10年超えたアタリから、食堂カレーは大進化した。スタッフがスリランカ視察にいったり、本当にスパイスから作るカレーになったのだ。だからいま、食堂にいったら必ず食べるのがカレーなのである。』などなど。

結構、評価してくれています。うれしいですね。しかも、ブログに掲載された途端、森のチキンカレーの問い合わせや注文が増えています。さすが、やまけん!!

やまけんの出張食い倒れ日記の記事


管理人2013/11/05 22:40:31(0票)

飯能市の山あいの集落、黒指・細田集落に行って、地元の人とのおしゃべりを通してふれあい、山の散策、お釜でご飯を炊く体験をします!学校ではできない出会いと体験がみなさんを待っています!

日時2013年12月1日(日)
9:20 ~ 15:20

配布資料
   
集合場所上直竹上分自治会館(光全寺)
埼玉県飯能市大字上直竹上分256
アクセス
西武池袋線「飯能駅」北口より
◎国際興業バス
 間野黒指行きで、「間野黒指(終点)」下車、徒歩3分
料金
一人 1,500円(ガイド料、食事代、保険料込)
※バス代別途
対象
小学4年生から中学3年生
保護者同伴可
 同伴される場合、保護者様も参加費が一人1,500円かかります。
※持ち物等の詳しい説明はお申込みの方に別途ご案内します。
申し込み
お問合せ
11月27日(水)までに下記連絡先へ
電話 042-972-3131 FAX 042-973-7103
E-mail info@jiyunomori.ac.jp
自由の森学園高等学校(岩田)
主催
自由の森学園高校
「飯能地域研究」受講生徒、自由の森学園高校教員
協力:上直竹上分自治会、飯能市エコツーリズム推進室
その他
当ツアーは、15名以上で実施します。
人数が満たない場合は、中止となる場合がございますので、ご了承お願いいたします。

管理人2013/11/05 22:18:58(0票)

練馬区教育委員会委託 子育て講座

  ヒトの子から人間へ ~ 子どもが学び、生きる力 ~

2013年11月10日(日)  14:00~16:00


小学校、保育園、中学、高校と、幼児から高校生までの教育現場に携わってきた 塗矢さんの研究テーマは、「豊かな自然の中での創造的な教育」。

「トラやライオンやカマキリと同じ存在のヒトの子が成長して人間になる、人間に育てていく」「本当に学ぶと人間は変わっていく」

50年間子どもたちの成長を見守り続けてきた経験に基づき、子どもの学ぶ力と生きる力が育つために親ができることについてお話していただく予定です。

講師 : 塗矢 邦夫 さん

場所 : 光が丘区民センター 6階 集会和室(1・2)

           東京都練馬区光が丘2丁目9番6号

     ※都営大江戸線「光が丘駅」下車 徒歩すぐ

参加費: 無料

対象 : 中学生以下のお子さんの保護者

定員 : 40名 (申し込み順)

問合せ・申し込み

10月21日より 電話・ファックス・メールにて受付
子どもを生き生きとさせる授業を考える会

★申込先は、自由の森学園公式ホームページをご覧下さい。

◎保育あり ご希望の方は11月9日(土)までに予約下さい。
     1歳以上対象/定員10名/保険・おやつ代として100円

「進路教育シンポジウム 2013年11月10日(pdf)」をダウンロード


rumitola2013/01/26 17:06:18(0票)

いつもお世話になってます、三期生のるみです。
個人的な宣伝です。在校中から練馬区の大泉スワローでトランポリン競技をしていて今だ選手活動、〈今は社会人選手〉をしています。先日練習中に、「ぶらり途中下車の旅」のロケが来て、旅人としてタレントで俳優〈世界の車窓からのナレーションもしている〉石丸さんがいらっしゃって、トランポリンの体験もしていかれました。途中から「ロンドンオリンピック、トランポリン第4位入賞」の伊藤正樹選手もいらして、目の前で演技してくださいました。そのお二人メインになると思うので、私などは5秒でも映ればラッキーですが、水色Tシャツに黒のスパッツで跳んでる人がいたら私です。

放映が2/2〈土曜日〉朝9:30から
日テレ「ぶらり途中下車の旅」のヒトコマです。
是非見てください。
ちなみに私自身は3/10にトランポリン神奈川県大会に出場するので現在、練習中です。
管理人2012/10/01 09:12:03(1票)

週間的予報が発表されました。
7日(日)大バザール当日の飯能の天気は、曇り!! でも降水確率が40%あります。
毎日、予報のチェックが欠かせません。


管理人2012/09/30 22:54:49(2票)

9月27日の朝日新聞「教育」欄に掲載された「鹿乃子・17歳■自由の森」の記事が話題になっています。
「自分が何もしなきゃ、何も得られないのがジモリ。でも、行動を起こせば必ず教員も向き合ってくれる。自由から学んだ自立というか……自由から学んだ本当の自由かな。」
ジャーナリストか教員になりたいと思い始めた鹿乃子が語っています。
確かに、鹿乃子の言葉は、自由の森学園の学びの本質を突いていると思います。
でも、子どもを自森に通わせた親としては、「行動を起こ」させるきっかけを、もっともっとたくさん子どもたちに与えてほしいと学園に期待します。
「行動を起こ」そうとしないうちに卒業してしまう子どもがいるのではないかと心配してしまいます。
yocchan2012/05/04 11:35:52(5票)

自由の森学園の理事である井上槇子さんが、サンピア購入問題や今後について、どのようなお考えなのかを聞きに行こうと、観光客で賑わう日光金谷ホテルを保護者有志一行で訪問してきました。
井上槇子さんは、日光金谷ホテルを経営する金谷ホテル株式会社の社長を務めていらっしゃいます。

井上槇子さんは、自由の森学園の設立にかかわり、評議員、事務局長として勤務されていました。金谷ホテル創業者の金谷善二郎氏の曾孫にあたる井上さんが、経営不振になって、社員たちがあまりにも管理されていて、覇気がなく暗く感じられる状況下で、請われて社長になったのが、平成13年8月のことだそうです。それ以降も、理事として自森にかかわっていらっしゃいます。
75歳で小柄な身体にもかかわらず、きちっと黒のスーツを着こなし、お話しされる姿が印象的でした。この間の理事会の中で、どのように発言されていたか、直接、お話を伺うことができて、渋滞の中、日光まで足を運んだ甲斐がありました。
明治6年創業という伝統を背負いながら経営に苦労されている井上さんから見れば、収益事業に乗り出せば財政問題は解決できると考えた自森の理事会の行動は、何とも世間知らずで歯がゆかったに違いありません。
印象的だったのは、「教職員は保護者が払う学費で雇われているのですよ。」という言葉でした。私たち保護者に、しっかりしなさいと言われているような気がしました。
連休中のお忙しい中にもかかわらず、私たちと一緒に昼食を取り、別室で懇談にも応じていただいた上に、ホテル内を案内していただきました。
玄関前で記念撮影をして一旦お別れしたにもかかわらず、お土産を買うために再度ホテル内に入った私たちが帰る際に、再度、玄関前にいらっしゃって「私は鬼沢さんを信頼しています。」とお話しされた姿からは、自森のことを心から心配されているお気持ちが伝わってきました。
保護者が支えるって、何ができるのか。真剣に考えなければいけないなあと感じた次第です。

それにしても、百年カレーはおいしかったです。Jiモールで商品として扱えるといいなあ。
事務局長(鈴木)2012/02/25 02:47:20(0票)


  
                   
 
本日
ののほとコーセーの二人コンサートコンサート!!

お二人は自由の森15期生卒業生です。


 
 
日時: 3/3
(土)午後5時~

会場: 新宿の四谷の辺りにあるラ・ケヤキというスペース

併設企画:「ハンドメイドマルシェvol,2tという、手作り雑貨のお店やサロンや   
     食べ物屋さんの集まる企画です。


 どなたでも来場できるイベントに出演する機会はとても少ないので、もしご都合よろし ければぜひ遊びにおいでください。

http://l-amusee.com/lakeyaki/schedule/log/20120302_vol2.php

 

 


1234

PAGE TOP